FC2ブログ
topimage

2019-05

#???? - 2019.02.22 Fri


 今まで遊んできたネトゲに関する用語や出来事

 こんなことあったなぁと懐古する為に書きます。

 思い出したら随時追加します。

 

 【あ】
 ・アキラ
  男尊女卑の王 @gorillaakiraaa
  女に決して心を許さない類稀なるプレイスタイルに魅せられる人は多い。

 ・姉御
  メイプルストーリーの応接間というMAPに6~8時間に1体出現するmob
  HPが多く、即死攻撃を繰り返し使用するが討伐した際のEXPが多い為、数時間前から出現待ち(POP待ち)
  するPCもいた。
  またチャンネル毎に湧き時間が別々の為、ギルド全体でPOP待ちを行い、
  姉御を独占するような行為も見受けられた。
  この姉御のPOP時間を全チャンネル管理していたら留年した。

 ・暗算
  TERA FF14等 自身またはPTメンバーが今どのくらいDPSを出せるのか分かる外部ツールがある。
  本来は使用禁止なのだが何故かどのくらい火力が出せているか分かる人がちらほらいる。
  彼らは暗算が得意で 計算しながら攻撃している。

 ・親の安否より剛ガロン@笛ココ!
  MHFにて3.11の大震災直後に見かけたPTメンバー募集チャット

 ・オリンポス
  MHFに登場するラオシャンロンの素材を使用した大剣武器。
  リーチが「極長」となっており、物珍しさからかMHFを初めてプレイする人がよく作りたがる。
  また、後日追加されたラオシャンロンの素材を用いて作成する
  太刀武器 巨龍刀【霊鷲山】は「太刀ンポス」と呼ばれたりする。
  sdada.jpg



 【か】
 ・片山
  アキラを参照
 
 ・軍手
  メイプルストーリーにおいて 防御力 というステータスは無いに等しい物だった為
  必然的に「低レベルで装備が出来る」「どの職業でも装備が出来る」アイテムを強化する事になる。
  その中で 手袋 で装備出来る一番ちょうどいい手袋が「軍手」
  軍手に付与されてる攻撃力で己の格が決まると言っても過言ではなかった。
  ちなみに「攻撃力が8の軍手」 だと 「8軍手」になる。
  「〇〇さん軍手いくつ?」なんて会話もあった。
  17軍手くらいになると中古車が買える。

 ・騎空士
  グラブルをやってる人 漢字が読めない人が多い
  四天刃(よんてんやいば)
  古戦場(ふるせんば)
  etc...
 
 【さ】
 
 ・そやたん
  TERAに出現するPC TERAはある程度難易度が高い強化が成功すると
  「〇〇が【強化武器名+n】の強化に成功しました。」 と強化成功ログがワールド全体に流れる。
  成功した際に そやたんが 「○○さん 超強化おめでとです\(*^▽^*)/」とワールドチャットで発言する。
  あまりにも誰かが強化成功する度に発言するのでTERA界隈ではちょっとした有名人になっている。
 
  またTERAは数ヶ月に1回強化成功率が1.5倍になるイベントがあるが
  その際に「超強化おめでとラッシュ」をするそやたんの姿も確認されている。
  4da5c0ff6127be078f4113d37a5f0f6f.png



 ・しぇるく
  @monoc1ec  見ると元気になる精神の安定剤
  毎日0時になると親が「普通なら就職してるのにふざけてると思わんか?」とぼやかれる
  直接の面識はない
  62aeb19b21d4177beb5c87db35a856e4.png

 ・装備自慢大会
  メイプルストーリーにおいて 特定の人を人気のない所に呼び出した後
  何かと理由をつけアイテムをドロップさせ、そのアイテムを強奪する行為
  今思えば何故こんなのが成立しているのか謎
  派生としてSS取らせて詐欺等 色々ある

  パターン例
  A「あっそうだ 装備自慢大会しようよw」
  B「いいねw じゃあ俺からね はいw(アイテムを落としてすぐ拾う」
  A「じゃあ次は俺w はいw(アイテムを落としてすぐ拾う」
  被「あ じゃあ僕もw はいw(拾われる)」
  被「かえして」
  
 【た】
 ・ダオラ
  MHFにおけるクシャル=ダオラを討伐し、その素材を用いて作成する武器に「バール=ダオラ」という武器がある。
  あまりの性能の高さにどんなクエストにおいてもバール=ダオラを使用し、クエストをクリアする様から
  「ナンニデモ=ダオラ」と呼ばれることがあった。
  しかし「ナンニデモ=ダオラ」に留まらず 「=ダオラ」汎用性があまりにも高すぎる為
  日常会話に支障をきたすレベルで使用してる人もいる。
  例:「これからゴハン=ダオラ」  「何いってん=ダオラ」

 ・棘ニー
  MHFにある期間限定クエストに「棘と眠」というクエストがある
  このクエストを効率よくクリアするために 「巨竜ガン」 というライトボウガンを使用する。
  この武器は弾倉に込められている弾を全て打ち尽くすまで連射することができ、
  一度に弾を込められる数が他の2倍近くある特殊な武器であるのだが
  これを利用し弾を連射しながら着弾時に起きるゲームパッドの振動を局部にあてがい、性的快感を得る行為の事
  

 ・ドラゴン装備
  ドラゴンネストにおいてとんでもない強化値の装備の事
  特定の人を指して 「あの人ドラゴンウォリだよ」 だなんて言ったりもする

 【な】

 【は】

 ・フォワード応援コース
  MHFにおける課金コースの一つ 三日間で3,000円の強気設定
  内容は色々あるが簡単に言うとダメージが7割減少して火力が1.25倍高くなってアイテムを集めやすくなる。
  MHF-FがMHF-Gになる大型アップデート直前に出たゲームの根底を覆しかねない危ういコース
  当時批判の声も多かったがユーザーも「まぁMHF-Gになったらなくなるしそれまでなら・・・」と我慢してたが
  いざ大型アップデートのMHF-Gになった際
  「フォワード応援コース」は「狩人応援コース」に名前を変更し
  期間限定コースからレギュラーコースになった。
  ユーザー数も当時同接10万人から3万人に変更された。

 ・プラズモイド
  FF14のmob 宙に浮かぶ光る球体
  特性上ワールドマップの隅っこに湧くのでマクロ狩りに使用されやすい)
  プラズモイドは色んなMAPに湧いていて Lv帯も17~49と幅広い為
  その気になればプラズモイドとマクロ狩りだけでレベルをカンストさせることができた。

 【ま】

 ・モドリ玉
  MHFには 「エリアホスト」というものがあり 該当エリアに一番始めに入場した人がエリアホストになる。
  モンスターが罠にかかっている際にMAPホストが変更されると なぜか罠の時間がリセットされる。
  罠の時間をリセットし、1秒でも長く拘束する為、ハンター間でモドリ玉が頻繁に使用された。

 【や】
 
 ・横
  メイプルストーリーには該当MAPの狩場に一番始めに居た人がそのMAPの所有権を持つ
  というローカルルールがある。 その所有権以外の人が該当MAPのmobを攻撃すると「横」(悪いこと)になる。
  良くわからないルールだが経験値の効率の為暗黙の了解となっている。
  横すると拡声器(30円払って使用する事ができる1行ワールドチャット)で注意されるパターンが多い
  例:やつみさんは横です 皆さん注意&人気↓yr
 
 ・横の横
  横をしてる人なら横をしていいらしい 何故だか分からないが横の横は縦らしい 結局は横 

 【ら】

 ・Larsh
  人を憎み自分を愛すプレイスタイル
  軽い気持ちで突くと殺すまでターゲットが切れない
  こいつがやってるゲームの晒しスレみると大体名前が乗ってる。
  本当は良い奴

 ・ラグジャン
  サドンアタックにおいて ジャンプをして頭をぶつけると位置ズレを起こす。
  それを利用し、脳天をぶつけながら敵兵士を薙ぎ倒す兵士が到るところで確認された。
  ルールが改正され、ラグジャンの使用は禁止になったが実際は使用出来る為
  お前今ラグジャンしただのしてないだの サドンアタックは銃の撃ち合いから口喧嘩へと変貌した。

 【わ】
 
 ・罠連
  MHFであの手この手を使ってモンスターが死ぬまで罠にかける行為
  またMHFにおいてこのように拘束し続ける事が出来るモンスターを 「神モンス」と呼び
  拘束ができない 又はしづらいモンスターの事を 「糞モンス」と呼ぶ。
  
 【?】
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yatuhasl.blog51.fc2.com/tb.php/139-6cc4b494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |  » #FF14-33

プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
■FF14
 □ Yatsu Mi Tiamat
■DragonNest
 □ ふたつ 
 □ 寒そう バルナック
■MapleStory
 □ やつはし 楓
■MonsterHunterFrontia
 □ やつはし 元sv2
■SuddenAttack
 □ わからない
 
 *リンク歓迎です
 相互はコメントにて

記事

コメント

カテゴリ

未分類 (6)
LaTale (0)
SA (0)
SuddenAttack (2)
MHF (3)
DragonNest (20)
FF14 (31)
(0)
LoL (1)
online (1)

C

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム